NEWS <ニュース>

クラブ > トップチーム

3月11日(金)、トップチームが東日本大震災の追悼として、黙とうを捧げました。

掲載日:2022年3月11日

3月11日(金)、ホームゲームを明日に控えたトップチームの選手、スタッフが、トレーニング開始前に泉サッカー場のグランドで11年目を迎える東日本大震災の追悼として、黙とうを捧げました。
震災当時を、当クラブの選手やスタッフ、他チームの所属、学生など、それぞれが様々な形で経験していますが、いまは心を一つに全員で円陣を組み、思いを届けました。
同じく震災復興への思いを強く持つ、いわてグルージャ盛岡とのホームゲームを、11年目の復興支援活動のスタートとしつつ、これからもベガルタ仙台は、地域社会の復興、その先の活性化に向けて取り組んでまいります。

原崎政人監督コメント

東日本大震災で犠牲になられた多くの方々、いまだに苦しんでいる方々へお見舞い申し上げます。 被災地に存在するクラブとして、これからも戦う姿勢、気持ちをピッチで表現し勝利することが、応援してくれる地域の方々にとって復興や未来へ進むエネルギーになると信じて、これからも戦い続けます。 明日の試合で今シーズンのホーム初勝利をみなさまにお届けできるよう、チーム全体で全力で戦います。

株式会社ベガルタ仙台より

本日、東日本大震災の発生から11年目を迎えました。
改めて、震災で亡くなられたみなさまのご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられたみなさまとそのご家族のみなさまにお見舞いを申し上げます。
ベガルタ仙台は、東日本大震災の発生以来、「がんばろう!宮城・東北」をスローガンに、被災地の「希望の光」になることを誓って戦ってまいりました。
東日本大震災から10年となる2021年シーズンは、その誓いを新たにして戦いましたが、結果はご期待に応えることができませんでした。
ただ、私たちは応援をいただけるファン、サポーターのために、歩みを止めるわけにはいきません。スポーツの力を信じ、ベガルタ仙台を心の支えとしていただいているみなさまのために、これからもチーム・フロント一丸となって全力で戦ってまいります。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大から、すでに2年以上が経ちました。医療関係者のみなさまが私たちの命を救うため、日夜懸命のご尽力をされていることに心から感謝申し上げますとともに、私たちも感染予防に努め、感染症の克服に向けて行動してまいります。
東日本大震災で傷ついた私たちに、温かい支援の手を差し伸べてくださった世界の友人の中に、今この瞬間に戦禍に苦しむ人がいることに心が痛みます。一日も早く平和が訪れることを心から願っています。