NEWS <ニュース>

チーム > トップチーム

7月7日(木)、佐藤瑶大選手加入会見を行いました。

掲載日:2022年7月7日

7月7日(木)、佐藤瑶大選手加入会見を行いました。

佐藤瑶大選手あいさつ

みなさんこんにちは。ガンバ大阪から来ました、佐藤瑶大です。ポジションはDFです。期限付き移籍ですけれど、それは関係なく自分の力をベガルタ仙台というチームに全力で注いでいきたいと思います。応援よろしくお願いします。

質疑応答(一部抜粋)

期限付き移籍の経緯を教えてください。

自分の今置かれている立場と、ベガルタ仙台さんが自分を獲得したいと言ってくださること、あとは大学時代から声をかけていただいていて、そういったところが自分ではすごくありがたいと思ったお話なので、ベガルタ仙台さんに移籍することに決めました。

練習に合流しての感想はいかがでしたか。

監督は若手にもベテランにも分け隔てなく声をかけていらっしゃいましたし、雰囲気はすごく良かったと思います。

仙台に来て、ここでやるんだ、という気持ちになりましたか。

本当に覚悟を持って来ていますし、ガンバですごく悔しい思いをしているので、そういったところをしっかりこのチームにうまく還元したいと思っています。

これまでのガンバ大阪でのJリーガーとしての経歴を、ご自身ではどう評価されますか。

試合に出ていないので、自分がどう評価されているのかはわからないのですが、やることをやるだけだと思っています。
試合に出て経験を積みたいですし、試合に出ることが一番の成長なので、とにかく試合に出て結果を残して、一回りも二回りも大きくなりたいと思います。

ご自身のストロングポイントを教えてください。

人に対する強さと、空中戦の強さです。昔からそこは負けたくないと思っているので、自分の自信にしています。

現在のチームは失点が多い状況ですが、どのようにベガルタ仙台の中で存在感を発揮していきたいですか。

攻撃的なところでいうと、今はすごく得点力もありますし、下からのビルドアップもすごくいいかたちでできているので、そこへさらにプラスアルファでもっと攻撃的にできたらと思っています。
守備面では、失点数のところは確かに多いかもしれませんが、自分が出た試合は全部無失点で終わるという意識でやらないとだめだという意識でやっているので、チームの失点数を最後に数字で見たときに、得失点差のところでもっとプラスが大きくなればと思っています。

チームは1年でのJ1復帰を目標にしています。そのなかでご自身が担うものについて、決意のほどを一言お願いします。

覚悟を持ってきたので、ベガルタ仙台の失点を確実に減らすことを、ゴール前で必ず体を投げ出してでも失点をしないように、全うします。