NEWS <ニュース>

ホームタウン

「2020 復興支援 in 石巻」【KIZUNA未来プロジェクト】パブリックビューイング&健康体操教室実施を行いました。

掲載日:2020年10月27日

ベガルタ仙台では、10月18日にいしのまき元気いちばにて、「2020復興支援in石巻」の活動、また、【KIZUNA未来プロジェクト】の一環として、パブリックビューイング&健康体操教室を実施いたしました。この会場では、昨年DAZN寄贈式を開催し、日頃よりスポーツを通して石巻市民の交流を促進しています。

「2020 復興支援 in 石巻」について
KIZUNA未来プロジェクト

石巻は、2016年に締結した連携協定に基づいて、復興支援マッチやマイナビベガルタ仙台レディースのキャンプなど、様々な交流を行っております。石巻市長 亀山紘様からは、「DAZNを寄贈いただいたことにより、本市でもスポーツ観戦を楽しむ環境の充実が図られ 、スポーツによる交流が推進されております」と企画の成果や、イベント開催に対するよろこびの声をご挨拶とともにいただきました。
※ご欠席のため、石巻市 復興政策部 次長 齋藤友宏様が代読

また、株式会社元気いしのまき代表取締役副社長の松本俊彦様からは「新型コロナウイルスの影響で大変な思いをされていると思いますが、ぜひ、ますますご活躍をいただいて、今以上に県民に元気を与え続けていただければと思います」と激励の言葉をいただきました。

試合前にはベガルタチアリーダーズによる健康体操教室、平瀬、菅井の見どころ解説を行い、2020 明治安田生命J1リーグ 第23節 浦和レッズ戦のパブリックビューイングに向けて心と体の準備を行いました。参加者のみなさんには自然と笑顔、会話がうまれ、石巻市長亀山様のご挨拶の通り「スポーツによる交流」が確実に図られていることを実感いたしました。

今後も復興支援連携協定に基づき、同市と様々な取り組みを行ってまいりたいと思います。

いしのまき元気いちば
986-0822石巻市中央2丁目11-11

復興支援連携協定について

当クラブが復興支援の一環として東日本大震災の翌年からマイナビベガルタ仙台レディースの公式戦・キャンプを毎年石巻市で開催する中、2016 年にクラブ内に復興支援室を新設したのを機に、同市との連携をさらに深めて交流を図り、被災地の活性化に継続して関わっていくため、2016 年4 月26 日に協定を結んでおります。