ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

ホームスタジアム

ユアテックスタジアム仙台

yursta

公式戦で使用しているユアテックスタジアム仙台は1997年6月、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールの専用公式競技場として誕生しました。

スタンドを覆う屋根が場内の熱気と歓声を包み込み、プレーヤーと観客の興奮と感動を一体化させる「劇場型スタジアム」です。

[ 施設概要 ]

収容観客数:合計19,694人

フィールド:139m×79m天然芝(寒地型西洋芝4種混合)

メインスタンド、バックスタンド、サイドスタンド、コーナースタンド、特別席、車椅子席、記者席、ロイヤルシート。

トイレ(車椅子での利用可)

男子トイレ、女子トイレ、車椅子用トイレがそれぞれ8ヶ所ずつ。男子専用4ヶ所、女子専用4ヶ所、男子用+車椅子用4ヶ所、女子用+車椅子用4ヶ所に分かれています。

[ 席割・マップ ]

 

ユアテックスタジアム仙台

 

ユアテックスタジアム仙台/仙台市泉区七北田字柳78 [TEL] 022-375-7800

スタジアムの詳細は、仙台市のサイトをご覧ください。

 

 

[ 交通案内 ]

[地下鉄]
仙台駅→「泉中央駅」より徒歩約4分

[車]
東北自動車道「泉I.C」より約20分
駐車場無し※試合日は混雑いたします。地下鉄をご利用ください。

[ 駐車場について ]

試合日は大変混雑いたしますので地下鉄のご利用をお薦めいたします。
駐車場はスタジアムの近くに1時間100円の駐車場が多数あります。どこも満車で駐車できない場合は、一駅隣りの地下鉄八乙女駅周辺に駐車し、そこから徒歩、または地下鉄で来る方法もあります。

 

 

ひとめぼれスタジアム宮城(宮城スタジアム)

miyasta

流れるように架けられた全長300mの大屋根は、仙台藩主伊達政宗の兜飾りをイメージした三日月型の独創的なデザインです。屋根は観客席の2/3を覆い、バックスタンド側は丘陵地の特徴を活かした「彫り込み式」の観客席です。

2001年には第56回宮城国体・秋季大会および第1回全国障害者スポーツ大会のメイン会場として、2002年にはワールドカップの会場として、国内外問わず、多くの方々に利用され、まさに新世紀のスポーツの大きな拠点を担う施設としての役割を果たしています。

[ 施設概要 ]

収容観客数:49,133人

フィールド:139m×79m天然芝(寒地型西洋芝4種混合)

場内は、大型映像装置、どの席からも見やすい座席配置などの充実の設備。全ての人が安心して利用できるようバリアフリーにも対応。

[ 席割・マップ ]

home_stadium_02

ひとめぼれスタジアム宮城(宮城スタジアム)/宮城郡利府町菅谷字舘40-1 [TEL] 022-356-1122

[ 交通案内 ]

[JRとバス]
仙台駅→「利府駅」
<宮城交通バス>菅谷団地線「菅谷台3丁目」

[車]
三陸自動車道「利府中I.C」より約10分

このページを印刷する

Copyright©2016 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.