ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

ボランティア 活動理念

vora

私たちは、ベガルタ仙台が世界一のクラブチームになるよう、次の点を基本にホームゲーム運営に関するボランティア活動を行います。

 

1.私たちボランティアは、ベガルタ仙台ホームゲームが円滑に運営されるようクラブの基本概念・運営方針等を深く理解して活動します。

2.私たちボランティアは、お客様やクラブ及び他の市民団体等と積極的に協力し、安全・きれいで楽しいスタジアムを目指します。

3.私たちボランティアは、全てのお客様に対して、笑顔で親切な対応を心がけます。

4.私たちボランティアは、お互いに助け合い、ボランティア業務が円滑に行われるよう努めます。

5.私たちボランティアは、ボランティア活動を通じて、社会性を高め、ベガルタ仙台をサポートする仲間の輪を広げます。

 

ベガルタ仙台ボランティアクラブ発足の経緯

1997年 ベガルタ仙台ボランティア募集開始。

1998年 仙台ボランティア登録・活動開始。

2000年 ベガルタボランティアリーダー制導入。

2001年 ボランティアハンドブック作成。

2003年 財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)の協力を得て、スタジアムごみ減量作戦の取り組みを組織的に行う。

2004年 ボランティアによるスタジアム巡回制度が導入され、会社(㈱東北ハンドレッド)より委任を受けたボランティアがボランティアアドバイザーとして活動する。

2005年 ボランティア(自主)運営準備委員会発足。ボランティアアドバイザーからボランティアマイスターに名称変更し、ボランティアの視点によるボランティア業務に関する改善案の提言を行う。

2006年 ベガルタ仙台ボランティアクラブ発足。ベガルタ仙台ボランティアクラブ規約が成立し執行部および総務部、広報部、企画研修部、業務統括部体制での第1期運営が始まる。エコステーションの運用開始。

2007年 ベガルタ仙台ボランティアクラブ第2期体制となり、各部に副部長が承認され、運営体制の強化が図られる。

2008年 拡大執行役員会が開かれ、リーダー、サブリーダーの選任およびボランティアの配置換えを検討し、実施する。

 

森トラストは、ベガルタ仙台ボランティアクラブの活動を支援しています。

このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.