2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.6.21<マイナビ>トレーニング&幼稚園キッズサッカーキャラバンに参加!

今週末に練習試合を控える中で、細かい精度や質の部分を高めていきます。パス回しのトレーニングでは低く速いボールを受ける側の選手の足元に供給します。ワンタッチでボールを落とすときの正確性やボール保持者への素早いフォローも求められました。

ポゼッションの3vs3の様子。両端に配置されたフリーの選手を上手く活用しボールをしっかりと保持します。味方のポジションを常に確認し、スペースを作り出す動きを意識。グリッド内は数的同数なので、相手の背後を常に狙いパスを回します。

続けて行われた6vs6では、パスばかりになるのではなくドリブルで仕掛け、トライすることを辛島監督より選手へ促しました。

サイド際の攻防を想定した1vs1。ボール保持者との距離感を一定に保ちつつボールを奪います。オフェンス側の選手は相手DFの逆を突く動きとフェイクで積極的に縦への突破を意識しました。

最後に行われた7vs7のミニゲームの様子。空いてるスペースにフリーランニングで走り込むことによって前線を活性化させます。足元のみの崩しの選択だけではなく、スペースを有効活用したアタックが求められました。

 

 


【 マイナビベガルタの4選手が幼稚園キッズサッカーキャラバンに参加 】

本日、仙台市泉区の南光紫陽幼稚園にて開催された第4回 幼稚園キッズサッカーキャラバンにマイナビベガルタ仙台レディースの北原佳奈・隅田凜・有町紗央里・樫本芹菜選手の4名が参加。サッカーを通じて園児の皆さんと楽しい時間を過ごしました。

 「子どもたちから元気とパワーをもらいました!」と樫本選手がイベント終了後に言っていたように、曇り空の中でのイベントでしたが、子どもたちは元気いっぱい!!コーチの指導にしっかりと耳を傾け、全力でボールを追いかけていました!

ドリブルやシュートの練習でボールに慣れたあとはミニゲーム!ゴールを目指し、ボールを一生懸命に前へ運んでいる様子でした。

 

イベントに出席した4選手の感想をお届け☆

【北原選手】「皆さん、ありがとうございました。南光紫陽幼稚園の子どもたちはとても素直で元気よく、私自身がすごく楽しませていただきました。イベント終了後にも、サッカーをもっとやりたい!と女の子が言ってくれたことが嬉しかったです!」

【隅田選手】「園児の皆さんの一生懸命にボールを追いかける姿や全力で取り組む姿が本当に可愛くて癒されました!楽しい時間をありがとうございました。」

【有町選手】「子どもたちの一生懸命に取り組む姿勢がとても印象的でした。サッカーを通して身体を動かす楽しさを伝えていきたいです。」

【樫本選手】「とても楽しい時間を過ごすことが出来ました!子どもたちからたくさんの元気とパワーをもらいました!ありがとうございました。」

 

南光紫陽幼稚園の皆さん、ありがとうございました☆