2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.7.1<マイナビ>なでしこリーグカップ予選B 第8節 ジェフL戦

昨日行われました、なでしこリーグカップ予選B 第8節 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦、たくさんのご声援ありがとうございました。安本・井上・坂井選手の得点により3-2と敵地で勝利を掴みとりました!

味わった悔しさを勝利への糧とし、次節はホームで喜びを分かち合いましょう!引き続き、熱いご声援をよろしくお願いいたします!

本日のブログでは、試合の模様と辛島監督のインタビューを掲載いたします。



【辛島啓珠監督  監督インタビュー】

◆総括
試合開始から推進力があり、攻撃の時間が増えた中でPKを相手に取られてしまい、ワンチャンスで得点を許してしまいましたが、紗和子(安本選手)がすぐに同点ゴールを決めてくれたのが試合の勝因だと思っています。前半の終わり際は危ない場面も多かったですが、1-1で後半に折り返すことができました。前半から各選手がパワーを持って臨んでくれた中で、後半の体力的なところが多少心配でしたが、凜(隅田選手)の素晴らしいスルーパスをイノ(井上選手)が冷静に決め、立て続けにセットプレーから優紀(坂井選手)が頭で3点目を決めてくれたことによって、ピッチにいる選手たちは、焦ることなく試合を進めることが出来たと思います。得点後に守備に回る時間が多く、相手のシュートがポストに当たったりサイドを使った攻撃を許してしまったりという場面がありましたので、今後の課題として取り組まなければならないと思います。ですが、公式戦11試合ぶりに勝利を掴みとることができました。今のチームの状況で勝つということが一番大きいことだと思っているので、その点に関して結果には満足しています。

◆前回のカップ戦から約2週間空いた中での試合。ここまでどのような準備をしてきたか。
前回の伊賀FC戦(1●3)が内容として良くありませんでした。ある程度、選手を固定したなかでここまで臨んできましたが結果が出ていなかったので、試合に飢えた選手や多少のメンバー変更を施しました。勝利を目指すことだけに重点を置きつつ、普段のトレーニングの様子などからメンバー編成をしてきました。久しぶりに出場した選手たちがやる気に満ち溢れていましたし、しっかりと貢献してくれました。プラスアルファを生み出してくれたと思っています。

※監督インタビューより一部抜粋