2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.11.6<マイナビ>トレーニング

 


トレーニング風景をお届けいたします。小コートのポゼッションでは、グリッド中の選手を多くし、攻守にわたりボールに関わる人数を増やします。“守から攻”・“攻から守”の切り替えを早く行うことで、ボールロストの時間を少なくし、コンパクトな陣形でボールを回します。


3vs3のミニゲームでは、辛島監督より攻撃と同数になった際の守備の立ち位置を提示。自陣のゴールへのコースを消しつつ、対峙する相手に自由を与えない守備を選手たちは表現しました。


コートを広くし、GKを入れた中でのミニゲーム。フィールドプレーヤー4名の連携、視野の広さが問われました。攻撃も守備も全員で行わなければならず、コートの広さを有効活用しボールを支配しました。