2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.11.12<マイナビ>マイナビユース通信#5


本日の「マイナビユース通信」では、11月10日(日)秋田県にかほ市で開催された【JFA 第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 東北大会 JOCジュニアオリンピックカップ -決勝- 】 秋田L.F.C.戦の模様とマイナビユース 小川翔平監督のコメントをお届けいたします。


前後半とゴールを重ね、計7-1で勝利を収め優勝。この成績を受け、2020年1月3日(金)~1月7日(日)に大阪府堺市にて行われるJFA 第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会への出場が決まりました。引き続き、マイナビユースへの温かいご声援をよろしくお願いいたします。

 

【マイナビベガルタ仙台レディースユース 小川翔平監督 コメント】

◆東北大会 総括
今大会を戦う中で、自分たちの意図的なプレーをどれだけ表現できるか?という点にフォーカスを当てました。例としては、ピッチ内の状況に応じてどう試合を進めるかを選手たちが考え、リアクションではなくアクションを起こせているかどうかなどです。まだまだ全国レベルには達せていないのが改めて分かりましたし、全国大会に向けてしっかりと課題に向き合いたいと思います。良かった点としては、誰か1人が大量得点を取るわけではなく、チームとしてまんべんなくどの選手も点が取れたこと。これは個人能力にプラスして、チーム全体でゴールに向かい個々の良い部分が表現できた結果ではないかなと思っています。

◆意気込み
東北大会では優勝出来ましたが、私も選手たちも試合内容には満足していませんし、もっと高めていかなければならないと思っています。結論から言うと、目指す権利がある限り「優勝」を目標に。ただ、高校1年生以下の選手たちですので結果に向かう中でのプロセスは引き続き、選手たちに求めていきたいと思います。チームに関わる全ての皆さんに良い結果をお届けできるようにがんばっていきたいと思います。