2017 レディース, 2017 レディース 練習風景, 2017シーズン

2017.11.25<レディース>トレーニング

本日は、レディースジュニアユースとミニゲームを中心とした合同トレーニングを行いました。これは、チームを発足から知る千葉 女子強化育成部長も「今まで実施した記憶がない」という、レディース史上初となる試みです。

トップチームは「利き足使用禁止」や人数も2人少ないというハンデもあり、少し苦戦する場面も見られましたがすぐに適応。最終的には、行われた3ゲームすべてで圧倒しました。

一方のジュニアユースも、最初は遠慮や緊張もあり動きに硬さが見られました。しかし、チームで話し合って行われた最後の3ゲーム目には、パス回しからの勝ち越しゴールや素早いプレスからボールを奪取するなどトップチームに一矢報いました。

トレーニング終了後には、互いに代表者からあいさつ。ジュニアユースは、齋藤千夏選手が感謝の言葉とともに「今日学んだことを生かして、これからもっとトレーニングを重ねていきます」と緊張しつつ意気込みを語ります。

それに対して、トップチームは佐々木美和選手が「今日は大人げないことをして、すいませんでした」と冗談交じりに謝りつつ、「お互いにがんばっていきましょう」とエールも送りました。