CLUB<クラブ>

クラブプロフィール

クラブ名 ベガルタ仙台

仙台の夏の風物詩である七夕まつりは、天の川を挟んで光輝く織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が、年に一度、七夕の日にだけ出会うことができるという伝説から生まれました。
「ベガルタ」というクラブ名には2つの星の合体名で「県民・市民と融合し、ともに夢を実現する」という願いを込めました。まさにJリーグの理念である「地域に根付いたスポーツ文化」を象徴する名称です。
また、地域のシンボルとして親しまれ、誇りとなり、輝きを放つことで広く地域へ貢献していく意味も含みます。

クラブカラー 

ゴールド ブルー レッド

メインとなる色は、鮮やかなベガルタ・ゴールド。これは流星の色であると共に、宮城県が日本最初の黄金の産地であることから。黄金の国“ジパング”は、かつて欧州の人々の憧れた土地でもありました。今度はベガルタ仙台がその誇りを胸に、世界が注目するクラブチームに成長してくれるようにとの願いもあります。そしてベガルタ・ブルーは銀河の色を表し、伝統と品位を象徴しています。またベガルタ・レッドは情熱と勝利への意欲を表しています。

エンブレム

エンブレムの鷲は、彦星の属する「わし座」に由来し、「勝利をもたらす鷲」を象徴しています。

ロゴマーク

「VEGALTA」の書体ロゴは、頭文字の「V」を勝利のサインとして、大きくデザインしています。

●ホームページを開設されている皆様へ
「ベガルタ仙台に関係するホームページを開設されているみなさまへ」をご覧ください。

フラッグ

基調はベガルタ・ゴールド。そして燃えさかる炎のように、ベガルタ・ブルーとベガルタ・レッドが鮮やかに躍動しています。さらに中央には「勝利をもたらす鷲」が、鋭いまなざしを天空に向けています。サポーターとチームの情熱が一体になり、「炎の流星群」となる姿をイメージしています。

トップチーム

2019年現在 
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟
1部リーグ(J1)プロサッカークラブ

2019 チームスローガン

既成概念を越えて変革を追求するシーズン。

積み上げたものを根源とし、

勝利をつかみ取るために

心技体のすべてを進化させ、恐れず前進する。

ユニフォーム

- 本物感、伝統を引き継ぎつつも、現代に合わせて進化し続ける -
ベガルタ仙台「クラブ創設25周年の記念ユニフォーム」はベガルタゴールドをベースカラーに用いる事でクラブのDNAを表現しています。ベガルタというクラブ名には2つの星の合体名で「県民・市民と融合し、ともに夢を実現する」という願いを込められています。
この先も地域のシンボルとして親しまれ、誇りとなり、輝きを放ち続け、さらに進化していくという願いを込めた「流れ星」をイメージしたデザインとなっております。

マイナビ

ベガルタ仙台レディース

2019 チームスローガン

捲土重来(けんどちょうらい)とは、

態勢を立て直し、勢力を盛り返すこと。

技術を磨き、ハードワークを信条に

巻き返しを図り、

タイトルを争う強豪へと

変貌を遂げるシーズンとする。

ユニフォーム

べガルタ仙台レディースは、株式会社マイナビとタイトルパートナーシップを締結、マイナビベガルタ仙台レディースとなりました。

【期間】
2017年2月1日~2021年1月31日(4年間)

【目標】

  • 1.強化:東日本大震災からの復興のシンボルとして、日本一そしてアジア、世界へ羽ばたき、その頂点に立てるようなレディースフットボールクラブを目指す。また、2020年の東京オリンピックに出場する、なでしこジャパンに大きく貢献できるチームづくりをする。
  • 2.育成:2020年までに、マイナビカップ(2015年にスタートした東北地区のU-15レディースサッカー大会)に海外チームを招聘し、国際大会とする。また、大会に出場した選手たちから、レディーストップチームで活躍できる選手を育成する。
  • 3.普及:2020年までにできる限り多くのサッカー未経験者の女子にサッカーをする機会を創出し、東北地区における女子サッカーの普及に努める。
  • 4.指導者養成:2020年までに、レディースチームに所属している多数の選手に対し、JFA公認C級ライセンスを取得させ、セカンドキャリアとして指導者への道をサポートする。

ベガルタ仙台アカデミー

ベガルタ仙台アカデミーは、サッカースクールを底辺とし、ジュニア(小学生)、ジュニアユース(中学生)、ユース(高校生)で構成されています。選手の成長に合わせ、その年代に最も適した指導を行い、長期的視野に立った一貫指導体制をとっています。

ベガルタ仙台

サッカースクール

ベガルタ仙台サッカースクールは現在県内各地で活動しています。県内各校にて体験会を実施し、随時スクール生を募集しています。ぜひベガルタ仙台サッカースクールで一緒にサッカーを楽しみましょう。

クラブコーディネーター

平瀬 智行 Tomoyuki HIRASE

1977年5月23日生まれ 東京都出身

■経歴
鹿島アントラーズ→CFZド・リオ(ブラジル)
→鹿島アントラーズ→横浜F・マリノス
→鹿島アントラーズ→ヴィッセル神戸
→ベガルタ仙台(2008年加入/2010年引退)
→ベガルタ仙台アンバサダー(2011年~2017年)
→ベガルタ仙台クラブコーディネーター(2018年~)

クラブマスコット

ベガッ太

ベガッ太 VEGATTA

1999年5月2日生まれ
200cm?(最近縮んだ) / 86kg(ちょっと痩せた)
宮城県出身

ギリシャ神話で「勝利をもたらす」といわれる鷲をイメージしています。ベガルタ仙台が地域の誇りや夢となり皆さんに愛される「星」になれ!という願いから生まれました。
1999年5月2日(ベガッ太の誕生日)、愛称一般公募により「ベガッ太」と命名されました。

クラブマスコット

ルターナ

ルターナ LTAANA

8月7日生まれ(仙台七夕と同日)
180cm / 体重はヒミツ♡ 宮城県出身

チーム名の由来でもある仙台夏の風物詩「仙台七夕」から、ベガ(織姫)とアルタイル(彦星)の「ルタ」、七夕(たなばた)の「ターナ」、開催日であり誕生日でもある8月7日の「ナ」を組み合わせた、女の子らしい名前として命名されました。
ベガッ太の「ベガ(VEGA)」とルターナの「ルタ(LTA)」を合わせることで、「ベガルタ(VEGALTA)」にもなります

・当然ですがベガッ太と同種の鷲

・恥ずかしがり屋だが、自由奔放な兄をたしなめる大人な一面も持ち合わせている

ベガルタチアリーダーズ

ベガルタチアリーダーズは、クラブの応援やホームタウンのイベント活動にも多数参加しております。
【2003年結成 2007年よりクラブ内団体】