GAME <ゲーム>

2022明治安田生命J2

2022明治安田生命J2 第14節 東京ヴェルディ 2022年05月04日 (水) 14:03 キックオフ 味の素スタジアム

試合終了
HOME 東京ヴェルディ
3 - 1

1 前半 1

2 後半 0

AWAY ベガルタ仙台

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
7 森田 晃樹 3分[得点]
10 新井 瑞希 14分[警告]
23分[得点] 28 名倉 巧
9 杉本 竜士 → 18 バスケス バイロン 46*分[交代]
55分[交代] 16 吉野 恭平 → 44 中島 元彦
27 佐藤 凌我 62分[得点]
63分[交代] 15 フェリペ カルドーゾ → 42 富樫 敬真
63分[交代] 26 加藤 千尋 → 25 真瀬 拓海
4 梶川 諒太 → 20 阿野 真拓 76分[交代]
76分[交代] 19 皆川 佑介 → 50 遠藤 康
76分[交代] 35 フォギーニョ → 32 鎌田 大夢
17 加藤 弘堅 → 3 ンドカ ボニフェイス 80分[交代]
18 バスケス バイロン 85分[得点]
10 新井 瑞希 → 33 橋本 陸斗 86分[交代]
27 佐藤 凌我 → 29 河村 慶人 86分[交代]

MEMBERS

スターティングメンバー
GK31高木和 徹
DF2深澤 大輝
DF15馬場 晴也
DF23谷口 栄斗
MF7森田 晃樹
MF17加藤 弘堅
MF4梶川 諒太
MF26加藤 蓮
FW10新井 瑞希
FW27佐藤 凌我
FW9杉本 竜士
控え
GK41佐藤 久弥
DF3ンドカ ボニフェイス
MF14石浦 大雅
MF18バスケス バイロン
MF20阿野 真拓
MF33橋本 陸斗
FW29河村 慶人
スターティングメンバー
GK1小畑 裕馬
DF26加藤 千尋
DF13平岡 康裕
DF20キム テヒョン
DF41内田 裕斗
MF35フォギーニョ
MF16吉野 恭平
MF28名倉 巧
MF18氣田 亮真
FW15フェリペ カルドーゾ
FW19皆川 佑介
控え
GK22ストイシッチ
DF5若狭 大志
DF25真瀬 拓海
MF32鎌田 大夢
MF50遠藤 康
FW42富樫 敬真
FW44中島 元彦

DATA

後半前半東京V 仙台前半後半
7714シュート1266
527CK422
6713FK1156
011オフサイド000
000PK000

○入場者数/12,521人
○天候/晴、弱風 ○気温/24.1℃ ○湿度/36%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/谷本涼 ○副審/戸田東吾 金井清一

COACH INTERVIEW監督記者会見

90分を通して東京Vさんが我々よりもよかったというのが、すべてだと思います。

■試合前に「自分たちのボールを握る時間を長くする」と話していた展開にならなかったのは、どのあたりがうまくいかなかったのでしょうか。

準備したやり方に対して、立ち位置からずれていたというのも細かく言えばありますけれども、準備の段階でしっかりと選手がそこに向かっていく準備ができていなかったのかな、というところです。準備の部分は私のところなので、しっかり反省します。立ち位置がずれているので、パスもずれていますし、いらないロングボールも増えましたし、自分たちが思っていないところでフリーな選手ができてしまって、その選手が困っている状況が多すぎたので、その修正に時間がかかって、そのまま終わってしまったので、しっかり私どもで反省して、工夫したいと思います。

■守備の時間帯では相手のビルドアップでの前進を阻めなかった印象がありましたが、そのあたりはどのように振り返りますか。

それに関しては、我々のプレッシャーの強度が上がらなかったことが1番の理由だったと思います。

■中2日のゲームということで先発メンバーを多く入れ替えていましたが、チームの連係はどうでしたか。

そこは全然問題ないと思います。ただ今日の試合に関してはうまくいかなかったというところ。今までメンバーを代えても自分たちがやりたいことができている試合があったので、そういうところは一切なくて、今日の試合に関しては我々がやはり自分たちが意図的にボールを動かすことができなかったということです。

■特にずれが目立ったところとして、3失点全部が右サイドではがされてクロスから喫したかたちでした。守備の連係やボールを持つ連係はどう修正したかったのでしょうか。

2点目に関しては、私の交代が遅れたことが1番です。右サイドがうまくはまっていなかったので、もう少し早く入れようという思いがあったのですけれども、交代のところで入る前に取られてしまいました。
ただ、先程も言いましたけれども強度が上がらないので簡単にフリーでクロスを上げられていますし、クロスに対して競れていないですし、しっかりと準備します。

ハーフタイムコメント
球際をもう少し厳しく。ミスを恐れず前に出ていこう。たとえミスをしても取り返そう。

DF 13 平岡 康裕選手
立ち上がりから相手にボールを握られてしまって、この暑い中、連戦の中で、少しずつそういうところで自分たちの体力を奪われて、準備するところでひとりひとりが遅くなってしまった、というところがひとつあると思います。あとは、立ち上がりの早い時間帯に失点してしまったこともひとつあるかなと思います。
短い時間でしたけれども準備していた立ち位置が、ひとりひとりは取ろうとしていたのですが、それでも距離感や立ち位置が取れていなかったので、もう少し試合の中で自分たちがスムーズに修正できれば良かったのですけれども、そこの修正がもう少しできていれば、自分たちの時間帯ももう少し増やせたかなと思います。

MF 28 名倉 巧選手
(得点場面は)フェリペ(カルドーゾ)がうまく抜け出してくれたので、ミナ君(皆川佑介)が(ゴール前に)入って、自分はこぼれてくるかなと思ったので、ちょうどこぼれてきたのを決められて良かったです。
ずっと点が欲しかった。どんなかたちでも1点を取れたのは自分の中で大きいので、これからこのゴールをきっかけにどんどん重ねていければと思います。