GAME <ゲーム>

2022明治安田生命J2

2022明治安田生命J2 第16節 ツエーゲン金沢 2022年05月15日 (日) 14:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
4 - 1

1 前半 0

3 後半 1

AWAY ツエーゲン金沢

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
44 中島 元彦 38分[得点]
35 フォギーニョ 50分[得点]
35 フォギーニョ 62分[得点]
50 遠藤 康 → 15 フェリペ カルドーゾ 63分[交代]
18 氣田 亮真 → 32 鎌田 大夢 63分[交代]
63分[交代] 11 杉浦 恭平 → 9 丹羽 詩温
63分[交代] 5 松田 陸 → 16 毛利 駿也
63分[交代] 17 平松 昇 → 26 須藤 直輝
73分[交代] 20 林 誠道 → 13 大石 竜平
35 フォギーニョ → 16 吉野 恭平 74分[交代]
42 富樫 敬真 → 19 皆川 佑介 74分[交代]
75分[得点] 4 松本 大輔
44 中島 元彦 → 26 加藤 千尋 79分[交代]
19 皆川 佑介 81分[得点]
16 吉野 恭平 86分[警告]
90+2分[交代] 16 毛利 駿也 → 22 力安 祥伍

MEMBERS

スターティングメンバー
GK1小畑 裕馬
DF5若狭 大志
DF13平岡 康裕
DF20キム テヒョン
DF41内田 裕斗
MF35フォギーニョ
MF44中島 元彦
MF28名倉 巧
MF18氣田 亮真
FW50遠藤 康
FW42富樫 敬真
控え
GK23杉本 大地
DF16吉野 恭平
DF25真瀬 拓海
MF26加藤 千尋
MF32鎌田 大夢
FW15フェリペ カルドーゾ
FW19皆川 佑介
スターティングメンバー
GK1白井 裕人
DF5松田 陸
DF4松本 大輔
DF39庄司 朋乃也
DF2長峰 祐斗
MF10嶋田 慎太郎
MF8藤村 慶太
MF18小野原 和哉
MF17平松 昇
FW11杉浦 恭平
FW20林 誠道
控え
GK36三浦 基瑛
DF16毛利 駿也
DF27廣井 友信
MF13大石 竜平
MF22力安 祥伍
MF26須藤 直輝
FW9丹羽 詩温

DATA

後半前半仙台 金沢前半後半
6511シュート1257
213CK844
336FK514
000オフサイド202
000PK000

○入場者数/8,536人
○天候/晴、弱風 ○気温/19.7℃ ○湿度/37%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/大坪博和 ○副審/清野裕介 植田文平

COACH INTERVIEW監督記者会見

今日の試合も、たくさんのファン・サポーターの方が来てくれて、「勝点3をみんなに届けよう」という話をして、ピッチに入っていった選手がしっかりとその仕事を出し尽くしてくれたところは非常によかったと思っています。
内容的にも、今週にもう1度自分たちの距離感でサッカーをしましょうというトレーニングをしてきたなかでは自分たちの時間もしっかり作れて、よかった時間も多かったかなと感じています。
ただし、トータルで考えたときに押しこまれる時間が少しあったので、そこはしっかりとまた見直して、修正して、次に進んでいきたいと思います。

■前半に先制点をあげた時間は、仙台は自分たちの時間を長く作って、得点に持っていきましたが、そのあたりでの攻撃の組み立てをどう評価されますか。

前半45分のなかで得点を取れたことはすごくよかったのですけれども、やはりもう少ししっかりスペースを見つけて崩せるかなというシーンが多かったので、そこはハーフタイムに選手と話をして、どういうふうにボールを動かしていくのかというところは修正したのですけれども、距離感はだいぶ意識してやっていくなかでのちょっとしたずれだったり、タイミングが合わなかったりというシーンはまだあったので、よくなっている部分と、もう少し改善しなければいけない部分はわかったかなと感じました。

■よくなったと感じたのはどの部分でしょうか。

明らかに、距離感の部分が、ここ2試合に比べるとしっかりスペースにいてほしいところに人がいる時間が多かったので、そこはしっかり評価してあげたいと思っています。

■先発から若狭大志選手がサイドバックでプレーしました。起用の意図と、そのねらいがどれほどはまったかを教えてください。

彼に関しては、ビルドアップといったところがすごく上手な選手なので、自分たちの動かすかたちを今週は作ってきたなかで、彼のビルドアップ能力が生きるのかなと思ってサイドバックで今日は使いました。やはり思ったとおり彼のところでボールをしっかり配球できていましたし、非常によくやってくれたと思っています。

■中島元彦選手が移籍後初ゴールを決めて監督のもとへ一直線で、一緒に喜んでいましたが、自身がラブコールをして呼んだ選手がゴールを決めた気持ちはどうでしたか。

その瞬間はそういうことはあまり覚えていませんでしたが、彼自身点を取りたいということはずっと試合でもトレーニングでも話をしていたので、「ああ、やっと取ってくれたな」という思いでした。

ハーフタイムコメント
早めに立ち位置をとること。どんどん仕掛けよう。切り替えは引き続き早くしよう。

FW 44 中島 元彦選手
前節など連戦の時にあまり良くない試合が続いていたので、ホームで、全員でいい試合をしようと、立ち上がりから自分たちのサッカーをある程度できたなかで、自分の(仙台加入後)初ゴールを取れたので、良かったと思います。
(自身の得点シーンについて)C大阪時代に練習でああいうのを結構蹴っていたので、イメージどおりに決めました。監督に「いつゴールを決めるの」と毎節言われていて、「そろそろ取ります」と言っていたのですけれど、今日の試合に関しては「今回取ります」と宣言していたなかで取れたので、監督のところに行きました。

MF 35 フォギーニョ選手
非常に難しい試合で、ホームでの勝点3が必要となるなか、そのゲームのリズムをつかむまで時間はかかりましたけれどもモト(中島元彦)のファーストゴールで少し余裕ができて、そのおかげで非常にいい流れが生まれて、僕の2ゴールも続いてチーム一丸となったので、今日の勝利が生まれたのではないかと思います。
(得点後にサポーターと喜びを分かち合って)我々にとって彼らの喜びは我々の喜びにつながりますし、彼らにもそうして喜びを与えられることが我々のモチベーションのひとつでもあります。非常に勢いづけてくれますし、もっと彼らのために、こういった内容の試合を見せていきたいと思います。