GAME <ゲーム>

2022明治安田生命J2

2022明治安田生命J2 第4節 いわてグルージャ盛岡 2022年03月12日 (土) 13:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
3 - 0

1 前半 0

2 後半 0

AWAY いわてグルージャ盛岡

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
15分[警告] 11 ブレンネル
21分[警告] 37 深川 大輔
50 遠藤 康 43分[得点]
46*分[交代] 37 深川 大輔 → 3 戸根 一誓
50分[警告] 7 モレラト
58分[交代] 14 小松 駿太 → 28 増田 隼司
58分[交代] 11 ブレンネル → 46 中村 充孝
58分[交代] 7 モレラト → 22 奥山 洋平
9 中山 仁斗 67分[得点]
9 中山 仁斗 70分[得点]
9 中山 仁斗 → 15 フェリペ カルドーゾ 71分[交代]
42 富樫 敬真 → 19 皆川 佑介 71分[交代]
10 梁 勇基 72分[警告]
74分[交代] 8 脇本 晃成 → 6 甲斐 健太郎
10 梁 勇基 → 17 富田 晋伍 79分[交代]
50 遠藤 康 → 28 名倉 巧 79分[交代]
14 石原 崇兆 → 3 福森 直也 88分[交代]

MEMBERS

スターティングメンバー
GK23杉本 大地
DF25真瀬 拓海
DF5若狭 大志
DF13平岡 康裕
DF14石原 崇兆
MF35フォギーニョ
MF10梁 勇基
MF50遠藤 康
MF18氣田 亮真
FW9中山 仁斗
FW42富樫 敬真
控え
GK22ストイシッチ
DF3福森 直也
MF17富田 晋伍
MF26加藤 千尋
MF28名倉 巧
FW15フェリペ カルドーゾ
FW19皆川 佑介
スターティングメンバー
GK41野澤 大志ブランドン
DF36小野田 将人
DF4牟田 雄祐
DF37深川 大輔
MF18宮市 剛
MF8脇本 晃成
MF14小松 駿太
MF17中村 太亮
FW7モレラト
FW11ブレンネル
FW45和田 昌士
控え
GK19松山 健太
DF3戸根 一誓
DF6甲斐 健太郎
MF22奥山 洋平
MF28増田 隼司
FW39鈴木 魁人
FW46中村 充孝

DATA

後半前半仙台 岩手前半後半
6612シュート945
134CK734
81523FK1073
224オフサイド321
000PK000

○入場者数/7,207人
○天候/晴、弱風 ○気温/15.1℃ ○湿度/20%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/松本大 ○副審/戸田東吾 津野洋平

COACH INTERVIEW監督記者会見

今日の試合に関しては、昨日が3.11という、我々にとっては意味の深い大事なゲームだったので、今週の頭から選手とも「この試合は絶対に勝ちにいく」と言った中でこの試合に臨んだのですけれども、選手たちはしっかり前を向く気持ちを出してくれたゲームになったのかなという印象を今は受けています。

■今節は3得点で攻撃が力を出し切りましたが、具体的にはどういうところが良くなったと思いますか。

おっしゃるとおりで、先週のゲームは相手のブロックに対してどうしてもなかなかうまく入っていけなかったというところがあったので、今週も5-4のブロックという相手に対して我々がどのタイミングでどう入れていくのかという、ボールの入れ方をトレーニングでやりました。
全部綺麗に破るのではなくて、少し強引にでもいかなければいけないということは選手がしっかり出してくれたので、この3得点に繋がったのかなと思います。

■1人、動きが良かった選手を挙げるとすれば、誰でしょうか。

試合に前半入っていくときの表情も、本当にみんないい表情をしてくれて、大丈夫だなと今日は思わせてくれたので、このゲームに対してしっかりみんな気持ちが入っていて、そういう準備をしてくれたので、1人ではなくみんなに感謝しています。

■主導権を握るサッカーを掲げていますが、今日の試合の結果は大きな手応えになったでしょうか。

今日のゲームに関しては自分たちが用意してきたものを出せる時間が多かったと思います。ただ、これが続いていかなければ意味がないので、何も変えることなくしっかりトレーニングをして、次のゲームを勝てるようにまた臨んでいきたいと思います。

■吉野恭平選手が負傷したボランチで、フォギーニョ選手が先発起用されました。調子が上がるまで時間がかかっていましたが、ここで起用を決断した理由と、今日のパフォーマンスの評価をお願いします。

フォギーニョに関してはトレーニングで状態が徐々に上がってきていて、今日は相手に高さもありましたし、そういう意味を含めてフォギーニョが十分相手にやってくれると思ったので、チャンスを与えたというところです。
ハードワークしてくれましたし、繋ぎの部分でも自分たちの約束事をやってくれたので、本当に良かったと思います。

ハーフタイムコメント
セカンドボールを回収し続けよう。押し込んだ時の距離感に気をつけよう。取られてもすぐ切り替えよう、後半も徹底すること。

MF 50 遠藤康選手
ホームで全然勝てていなかったと聞いていて、早く勝利を見せたいと思っていたので良かったです。(得点場面は)前半にあれ以外にもチャンスがあったのに決めきれなかったのですが、ボールをもらえるようにマサ(中山仁斗)が体を張って落としてくれて、自分の力だけでなく周りの味方がいてくれたからこそのゴールだったので、みんなに感謝しています。
(サポーターに向けて)みんな声が出せない中でがんばって応援してくれていますし、そういう辛さも分かった中で僕たち選手ががんばって、お互いうまくいかなかったらフラストレーションが溜まるような感じですが、それでもサポーターはずっと応援してくれていたので、その期待に応えられて本当に良かったです。

FW 9 中山仁斗選手
(東日本大震災を)被災して11年になって、勝点3をホームで取らないと、という気持ちで試合に臨みました。
1点目は)ペナルティーエリアに入ったときには振っていこう、と思っていて、それが枠にいって入ってくれて良かった。チームを勝たせることができてすごくうれしいです。(2点目は)本当に氣田(亮真)選手がすごくいいパスをくれたので、あとは1点を取っていたということもあってちょっと余裕があって、キーパーが出てきたのでボールをちょっと出しました。味方に感謝しています。
(次節・山形戦に向けて)たくさんのサポーターが来てくれると思うので、いい試合をしてまた内容と結果が伴うゲームをしたいと思います。